忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[PR] |
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

育児 しつけ
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

育児にとって、しつけは欠かせません。
厳しすぎたり、度が過ぎるしつけだと、虐待につながったりもします。
そのため、子供の意思を尊重した叱り方が、重要となってきます。
では、どんなしつけ方が良いのでしょうか?


育児には、「しつけ」は重要です。
「しつけ」無しでは、育児は成立しないと思います。

よく「しつけ」は厳しくした方がいい、と言われています。
だけど、厳しさの基準は、人によって違うと思います。
度を越した「しつけ」の結果、「虐待」と言う結果にもなりかねません。
怒ってばかりの「しつけ」ではなく、子供の意思を尊重した叱り方をしていきましょう。

それは、どう言う事かというと、「○○してはダメ!」などと、子供がしたことを真っ向から否定してしまう怒り方ではなく、「今度からは○○しようね」という言い方をするように心掛けましょう。
子供の性格が形成されてくる3歳までの間に、子供を真っ向から否定する叱り方をしてはいけない、と言うことです。

例を挙げると、子供が友達を叩いてしまったらどうしますか?
子供には、叩く=痛いと言う認識が無い場合もあります。
叩いた結果、相手の子は痛くて泣くでしょう。
泣いた子供を見て、叩いた本人はどう思うでしょうか。

おそらく、びっくりしてしまうでしょうね。
そんな時、子供には何と言えばいいでしょうか。
「人を叩くと、叩かれた人は痛いの。痛くて泣いてしまうのよ。泣いた子を見てどう思う?悲しい気持ちでしょう?」
のように、叩いた結果どういうことが起こるのか、を理解させる必要があります。

無理やり親の言うことをきかせようとしても、子供は素直に従うはずありません。
まずは、親と子の信頼関係をしっかり構築していきましょう。
「しつけ」は、お互いを信じあってこそ成立していくものなのです。

PR


育児 しつけ | Comments(0) | TrackBack(0) | 育児
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 初めての育児で悩む前に・・・ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]