忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[PR] |
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

育児ノイローゼ
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

育児ノイローゼになる人が結構いるようです。
今までは、妻としての役割をしてきた女の人。
しかし、出産をした後は、休むまもなく、妻の役割の上に、母の役割も加わってきます。
そして、多くのお母さんは、一日中赤ちゃんと一緒にいます。
そのため、育児ノイローゼになりやすいようです。


どうして、育児ノイローゼは起こるのでしょうか?
女の人は、出産後には、妻という役割に加え、母という役割も増えます。

女性は、出産という体力を使う仕事を終え、休むまもなく育児という仕事が待っているのです。
産院でも、退院するまで赤ちゃんと完全別室でしたら、体は休まります。
しかし、産後の翌日から赤ちゃんと同室になり、育児が始まるという産院も多いと耳にします。
それこそ、休むまもなく育児の開始です。

そこで、配偶者である夫の出番となるのです。
最近では、夫も育児休暇を取るという話も聞きます。
でも、日本では、まだまだ夫の育児休暇は浸透していないのが実情です。
会社に出社する夫とは違い、奥さんは赤ちゃんと1日中一緒にいます。

その奥さんが夫に、「家にずっと居ていいよなぁ」とか「気楽だよなぁ、好きな時に寝られるもんなぁ」などと、言われたらどうでしょうか。
自分の育児の苦労が夫に理解されていないと感じ、ストレスがどんどん溜まっていき、育児ノイローゼということになりかねません。

夫も、仕事で疲れているとは思います。
ですが、まず帰宅したら、奥さんに優しい言葉をかけてあげることです。
例え「ご苦労様」の一言だけでも構いません。
それだけで、奥さんは安らぐことが出来ます。
育児に慣れてくるまでは、奥さんを第一に考え、愚痴を聞いて上げ、時には育児を夫が一手に引き受け、奥さんを自由にしてあげるということも、いいかもしれません。

とにかく、ストレスを溜めないことが大切です。
大切な赤ちゃんです。
夫婦2人で協力しあい、楽しく育児をしていってもらいたいです。

PR


育児ノイローゼ | Comments(0) | TrackBack(0) | 育児
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 初めての育児で悩む前に・・・ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]