忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[PR] |
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

出産育児一時金
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

出産育児一時金が引き上げられるかも、と耳にしました。
そこで、出産育児一時金・出産祝い金についてご紹介したいと思います。


最近、出産育児一時金の引き上げについて、よく話題になっています。

妊娠・出産時には健康保険が使えません。
出産育児一時金とは、妊娠や出産の費用の一部に当てるように、と支給されるものです。
支給金額は、従来は35万円だったのですが、21年の10月から4万円引き上げられるとのこと。
(「産科医療補償制度」に加入している病院での出産では、元来38万だったので42万にアップすることになる)

出産での入院には、30~50万円位の費用が必要だと言われています。
場合によっては、この出産育児一時金で支払いきれるということですね。

支給対象は、健康保険に加入していて、妊娠4カ月以上で出産することが原則になっています。
例外の支給対象は、4カ月以上で死産や流産した場合などです。

請求するのは、出産時に加入している健康保険へというのが原則です。
ただ、女性が退職してから半年以内の出産の場合は、勤め先の健康保険に1年以上加入していたことが条件で、そちらに請求することも可能になります。

出産祝い金は、出産育児一時金と混合されやすいので、注意が必要です。
出産祝い金は、各市町村単位で異なります。
そして、各市町村へ請求するものです。

福島県の矢祭町は、第3子に50万円、第4子に100万円、第5子に150万円、さらにそれとは別に11歳までに計50万円を支給するということで話題になりました。
これは、少子化対策の一環ですね。


出産祝い金と出産育児一時金は別のものです。
そのため、別々に請求が必要になります。
混合しないように注意しましょう。

PR


出産育児一時金 | Comments(0) | TrackBack(0) | 育児
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 初めての育児で悩む前に・・・ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]