忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[PR] |
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

育児 あせも
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

あせもは、大人でも悩みの種ですが、自分の意思で行動できない赤ちゃんにとって、どれだけかわいそうなことか・・・。
「あせもくらい・・・」と放っておいて、傷跡が残ったりしたら、かわいそうです。
おかあさん・おとうさんは、大変だと思います。
ですが、あせもの予防・対策を調べましたので、是非参考にしてください。


あせもに悩まされるのは、大人も赤ちゃんも同じです。
しかし、特に赤ちゃんのあせもは、自分でどうにもできない分、かわいそうですよね。
赤ちゃんは、新陳代謝がよく、大人と同じだけ汗の腺があるので、あせもができやすい身体なのです
対策をとらないと、いつあせもができても不思議ではありません。

まず、気を付けてあげたいのは、あせもができないように予防・対策をすることです。
予防の対策には、次のようなことが挙げられます。
・汗をかいたらそのままにせず、洗い流したり、ふき取って着替えさせたりする
・入浴後は、水分をしっかりとふきとってから、首の周りやわきの下などの汗をかきやすいところにローションをぬったり、ベビーパウダーをつけたりする
・チャイルドシートに座らせる時は、シートカバーに保冷剤を入れて使用する
(これをする場合は、冷たくなりすぎないように注意が必要。タオルなどで温度調節をする。)

また、背中にガーゼやタオルを入れておくのもよいですよ。
汗をかいたらそれを交換するだけ。
手軽にできるので、シャワーや着替えさせる余裕のない時には、これがおすすめです。

もし、あせもができてしまった時には、まず上記で挙げたような基本的なケアを、もう一度徹底してください。
それでも治らない時には、皮膚科での受診をおすすめします。
あせもくらいと思って放っておいて、引っ掻いたところに黴菌が入ったりして悪化すると、膿がでることもあります。
傷跡が残ってしまってはかわいそうですよね。
薬をもらえば、一週間以内に症状が落ち着くことがほとんどです。

PR


育児 あせも | Comments(0) | TrackBack(0) | 育児
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 初めての育児で悩む前に・・・ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]