忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[PR] |
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

育児 おしゃぶり
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

よくおしゃぶりについての賛否を耳にします。
みなさんは、どう思いますか?
おしゃぶりのどこがいけないのでしょうか?
また、どのようなメリットがあるのでしょうか?
アメリカのおしゃぶりへの考え方を含めて、おしゃぶりについて調べました。


おしゃぶりについては、賛否両論がありますね。
一昔前までは「否」の一方のみが、取り上げられる傾向にありました。
でも、最近は「賛」の部分も取り上げられるようになってきました。

そもそも、おしゃぶりがいけないとされてきた理由にはこんなことがあります。
・歯並びを悪くしてしまう
・くせになってしまう

でも反対に、メリットもあるから、ずっと使われ続けているのですよね。
例えば、
・指をしゃぶるよりも衛生的
・おしゃぶりをしている時は静かになる
・鼻で呼吸する習慣ができる
などです。

鼻で呼吸することは、「最近の子どもがなかなかできなくなってしまった」と言われることの一つです。
この鼻呼吸で、風邪をひきにくくなったり、太りにくくなったりするので、この習慣をつけられるのは嬉しいですね。

ちなみに、アメリカでは以前からおしゃぶりの「賛」の部分が取り上げられています。
2006年には、米国立小児保健発育研究所が、おしゃぶりの効用を発表しています。
おしゃぶりの使用が、乳幼児突然死症候群のリスクを減らすというものです。
おしゃぶりの付属パーツが、もし窒息を引き起こしやすいものが顔にかかっても、密着を防いでくれるということなどがその理由です。

アメリカでは、三~四歳になってもおしゃぶりを咥えている姿が街中で見られます。
しかし、日本のおしゃぶり論では、歯の生え始める頃・二歳半くらいまでに卒業を目指すことが望ましいとされています。
でも、たとえそれができなくても、寛容に受け入れてあげてください。
PR


育児 おしゃぶり | Comments(0) | TrackBack(0) | 育児
育児ストレス解消の催眠子育て法 優しく独立した子供を自然に育てる育児加速の方法

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 初めての育児で悩む前に・・・ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]